神奈川県川崎市麻生区 動物病院 犬・猫 病気 ケガ 健康診断 予防接種 ワクチン 去勢・避妊 椎間板ヘルニア 手術 眼の病気 内視鏡手術 駐車場完備 神奈川県 川崎市 川崎区 幸区 麻生区 宮前区 高津区 多摩区 横浜市 西区 中区 南区 港南区 港北区 磯子区 瀬谷区 泉区 戸塚区 旭区 青葉区 緑区 都筑区

声帯切除・無駄吠え?

声帯切除

大前提として本来は行う必要の無い手術だと考えております。
犬が庭で放し飼い、多少吠えてもご近所お互い様で済んでしまうような時代ではなくなった現代社会では犬の吠え声から傷害事件にまで発展することもあります。
かといって吠え声が大きい・うるさいからと捨てるなんて家族の一員に出来るわけも無く、防音するとしてしても家全体をするのは大変なことですし、しつけの本で色々と試したり教室に通ってみたりとあらゆることを試してもダメな場合があります。というかダメな方が多いかもしれません。
最後に声帯切除の手術を選択するというのではないでしょうか。
手術の術式として
①気管切開による声帯切除
②口からのアプローチによる声帯切除
上記2つ
画像の説明
どちらの手術も写真にあるV字になった白い部分を切除します。麻酔を掛けないと決して見えない喉の奥です。

①気管切開による声帯切除は麻酔をかけ仰向けの状態から首の部分にメスを入れ、更に気管を切開して声帯を切除し縫い付けを行います。完全な視野が確保されるというメリットがありますが、最近の小型犬ではやはり術野が狭く難儀します。また気管を切開するため術後の漏れという合併症のリスクもあります。
②口からのアプローチによる声帯切除は①のような切開は行わず、口からのアプローチになります。勿論麻酔はかけますがものの数分という超短時間です。ただし特殊な切除用鉗子が必要です。デメリットは①に比べると術野が完全に確保できないため取り切れないということも生じます。とは言っても元の声と変わらないということはないです。

どちらの手術でも全く無音になるわけではありません。かすれた声になり、人によってはその方が気になるという方もおります。またある程度声が出せるようになってくる子もいます。

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional