神奈川県川崎市麻生区 動物病院 犬・猫 病気 ケガ 健康診断 予防接種 ワクチン 去勢・避妊 椎間板ヘルニア 手術 眼の病気 内視鏡手術 駐車場完備 神奈川県 川崎市 川崎区 幸区 麻生区 宮前区 高津区 多摩区 横浜市 西区 中区 南区 港南区 港北区 磯子区 瀬谷区 泉区 戸塚区 旭区 青葉区 緑区 都筑区

眼の縁にできものが①(マイボーム腺腫)

マイボーム腺腫(目の縁の良性腫瘍)の治療としては、目の縁をメスで切開(目の縁が短くなってしまい眼が小さくなる可能性があります)、凍結(液体窒素を用いるのですが体幹のイボ程度なら問題ないですが目の縁では微妙な操作に問題があります)等ありますが、現状レーザーによる切除が一番的確で綺麗に回復できると思います。

画像の説明画像の説明

写真は眼のふち(眼瞼)に腫瘍(マイボーム腺腫)ができたものです。細かくて見にくですが、腫瘍のふちから毛が角膜の方に向かって生えており、その毛が角膜を傷つけ、角膜潰瘍(白濁部分)を起こしてしまいました。

画像の説明

術後の写真です。
レーザーにより腫瘍は綺麗に取り除かれ、それにより角膜を傷つけていた毛も無くなったので、角膜も綺麗になっています。
レーザーが使用できなかった頃のこのような症例では、目の縁を大きく切り取って縫い合わせる手術を行っていたため、眼の大きさが変わったりする事がありましたが、レーザー手術によりそのようなことも無くなり、術後の回復も早くなりました。


症例2
画像の説明画像の説明画像の説明
この子も眼の縁にマイボーム腺腫ができ、レーザーにて切除を行いました。


powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional