神奈川県川崎市麻生区 動物病院 犬・猫 病気 ケガ 健康診断 予防接種 ワクチン 去勢・避妊 椎間板ヘルニア 手術 眼の病気 内視鏡手術 駐車場完備 神奈川県 川崎市 川崎区 幸区 麻生区 宮前区 高津区 多摩区 横浜市 西区 中区 南区 港南区 港北区 磯子区 瀬谷区 泉区 戸塚区 旭区 青葉区 緑区 都筑区

院長ブログ/2019-07-30

Top / 院長ブログ / 2019-07-30

胃内異物

画像の説明
上の写真は胃内異物です。
何やらプラスチック状に硬くなっていますが、元々はそれほど硬くなっていなかった物が胃酸で硬くなってしまい。形状が丸くないので胃から上にも下にも出なくなって数ヶ月が経過していました。

この子は時々(月に1回2回程度)嘔吐がある子でした。
炎症性腸炎などの疾患の精査のために内視鏡処置を行いました。
結果嘔吐の原因は写真の異物でした。

よく皆さんが思われる事で、胃の中に入った(異物)んだから、催吐処置(吐かせれば)をすれば出るんじゃないの?
胃は袋状の構造物で胃酸等の分泌で入ってきた食べ物を消化しつつ筋肉の塊である胃自体が収縮を繰り返し食べ物を粉砕して腸での吸収を助ける役割があります。そのため胃の入り口(噴門)と出口(幽門)が緩いと消化&粉砕が上手く出来なくなってしまうので中身が出にくくなっています。
特に胃の入り口(噴門)が緩いと胃酸が食道に逆流してしまい食道に炎症を起こしてしまいます。
ヒトでもよく逆流性食道炎という病名を聞くと思います。
今回もレントゲンでは全くうつりません。エコーで条件が整えば見えるかも知れません。
内視鏡で直接確認するのが1番ですが、ヒトと違って全身麻酔が必要なためハードルが高いのも事実です。内視鏡検査を提案することはできますが最終的には飼い主さんの決断になります。
先日も亡くなった鹿の胃に数キロのビニールが入っていたって報道がありましたが、実際飼育されているワンちゃんでも胃内に異物を抱えて生活している子は割といるのではないかと考えています。
出来ることなら手術しないで異物を取りたいので、
画像の説明
上の写真の物は異物を掴む鉗子の一部で他にバスケット状の物などあらゆる異物に対応出来るように準備してます。そうはいっても中々全部揃えるのは大変なので、しょっちゅう私の知り合いの病院に出張でも行ってます。



コメント


認証コード(0046)

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional